私たちの願い

まるで家族のような、大きな家

こども食堂とは、主に子どもやその親、および地域の人々に対して、
温かな「食事」や団らんの「居場所」を提供する活動です。

東三国こどもカフェは、支援を必要とする子どもや親が、
食堂を利用する人達を通じてつながりを持ち、
リラックスした温かなひとときを過ごしたり、
もし何か問題があればみんなで一緒に考えたり、

寄り添えることを目的に作られました。

こども達が利用しやすいように

色々な人達に気軽に食堂を利用していただけたらなと思います。

参加される方は、実家に帰って来た時のようにリラックスして、
ご飯を食べたり、おしゃべりしたり、
大きな家族の一員のように過ごしてください。

一人暮らしの若者やお年寄り、お父さんやお母さんも「行ってみようかな」と立ち寄ってもらえるといいなと思っています。

こども食堂をお手伝いしてくださる方々には、参加する
こども達に声をかけ少し関心を向けていただけるとありがたいです。