こども食堂ができるまで

人生最大のプレゼンと奔走。また新たな出会い!⑪子ども食堂ができるまで

2018/8/9

補助金の審査のためにプレゼンしに行ってまいりました!\(^0^)/

 

前回が人生初のミニプレゼンで、開催場所を無料で提供いただきましたが、、

※前回はこちら

人生2回目で人生最大のプレゼンは、淀川区役所で行われました!

区役所といえば、子どもの居場所に関するワークショップで初めて関係者の方と出会った、あのアウェイだった場所。。※詳しくはこちら

 

もう今はすっかり顔なじみです^^

 

さて、今回のプレゼンの目的は!こちらです

活動に必要な費用の半額が出るという、すっきりはしない補助金。

 

この補助金を知ったのがけっこう締切ぎりぎり。。^^;

 

締め切り4日前より、あわてて準備して申し込みました。汗 

 

プレゼンどころか、規約や約款、事業計画書等の作成は勿論、

こんなことは想像もしたこともなく、見よう見真似で何とか提出しました^^;

 

見えづらくてすみません^^;カメラの不調で。。

こんなの作ったことないしー^^; ネットとか区役所でもらったテンプレに助けられました。

 

こちらのすっきり補助金(半額ですっきり感はないけど)は、淀川区役所の市民協働課で募集されていた補助金で、地域活動協議会との連携や、コミュニティビジネス化などにより、継続して地域課題解決が期待できる事業に対して交付されるものとされていました。

  

地域の課題を解決しようというものなので、事業計画書の内容も、そちらに寄せていきました^^;

 

え、役員とか、会計とか、副代表とかって。。^^;

こちらはボランティアとしてお手伝いしてくださりそうな方で、身近な人にお願いして、名前を急遽お借りしました^^;

 

今回は4組の団体より申し込みがあり、予算の都合により全団体が受けることはできないそうでしたが、

どちらの団体も素敵な活動をされているので、どこが受かっても嬉しいと思いました*^^*

めっちゃ緊張した。今回もアウェイ!

 

審査員に囲まれ

  

子ども食堂をやりはじめようとして初めて知ったことですが、区役所って保険や住民票などの手続きだけじゃないんですね。

まちづくりのために、様々な活動をされています。 

 

今回の資料提出にあたっても、暑い中、地域活動協議会の方が自宅のポストまで募集要項をもってきて下さったり、

締め切りぎりぎりにもかかわらず、まちづくりセンターの方がメールで資料のチェックをしてくださったり、相談に乗って下さったりと、めちゃくちゃ親身に応じてくださいました。 

 

区役所のイメージが全く変わったなあ。。私だけかもしれないけど。^^;

 

ここでもまた奇跡的な出会いが

 

今回参加されていた「とも淀キッチン」さん

代表の方が、「母と子の共励会」の元理事と発覚!!

たこばななの息子の病気が続いたときに大変お世話になった団体です。

 

あの時は半年以上周期性嘔吐症になり、入院もできず、

放って仕事に行くわけにもいかずで、どうやって生きていこうと

途方に暮れそうになっていましたが、、

家に介護のできるかたを派遣して頂いて、なんとか生活を維持することができました。

 

そこまでの道のりも長かったなあ。。

本当にありがたかったです。

息子についてはその他,、幼少期からの慢性の腹痛や不登校等いろいろ色ありましたが、、

いまでは元気バリバリで信じられないほどイキイキと生きています^^

彼のことはまた追々、書いていきたいと思っています^^

 

それから、フリースペースNAGOMUさん

 

フリースペースとして、不登校の子供の支援をされている方で、

子ども食堂とのコラボももちかけてくださいました!

 

たこばななの息子も少3~中3まで不登校だったけど、今は元気になったこともあり、心配する保護者の方にその話をできるかもしれないという事にもなりました。

  

何かがつながってきた感じで、オラわくわくすっぞ!\(^0^)/

 肝心の結果は。。。

合格~~!!!

 

これでお金のめどがついたので、動き始めるぞ~~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。